ピンチは大チャンス…ですよ^ ^

  • 2015.12.21 Monday
  • 22:19
先日のお話ですが、私としたことが、大失敗してしまいまして…

購入したばかりの漆塗り道具一式が入っているバックを、電車の中に忘れてきてしまいました…。



置き忘れた猫のエコバック。


こう見えても私、とっても用心深くて?自分ではしっかりしているつもりでいて(笑)、座席を立つと、必ず忘れ物がないか確認してから電車を降りていたほどなんです。それなのに?え〜!うそっ(泣)

…寝ていたんですね、降りる駅に着いて、慌てて飛び降りてしまって。

持ち物がないことに気がついたのは、10分くらい歩いてからでした、血の気が引きました…真っ青です…

バックの中は現金は入っていないものの、4万円分の漆材料が…。それに大事な目(メガネ)。しかも、猫マルシェの時に記念に買った、猫のエコバックに入れていまして…。

すぐに気がついて、JR東日本、忘れ物センターにTELするも、「届け出がありません」と…。

その昔、現金やカード入りのお財布を落としてしまった時を思い出しました。。

しばらくして警察から落とし物があったと連絡がありましたが、発見現場は行ったこともないマンションのエレベーター内。現金のみ抜かれた状態で放置されていた様子。

前回の教訓から、今回は現金が入っていないだけに、無残にも捨てられるかもしれないな〜と、マイナスに考えてしまう私。

まぁ悔しいですが…
失くしたものが、お金を出せば取り返しがつくだけ良かったな〜とも思いました。

でも、そういう事ではなくて、買ったばかりの大事な道具が、こんなに簡単に手元からなくなるなんて、私、漆に縁がないのでは…!?と、深く考えてしまいました…。

思い起こせば、体質的には漆に強くて、かぶれた事もほとんど記憶になく、恵まれてはいました。

拭き漆は松土大先生に厳し〜く、厳しすぎるほど注意され、泣かされ(笑)、漆塗りは拷問、賽の河原で石を積む私…そんな苦しく涙する作業、本当に性に合っているの?と、自問自答する日々も正直ありました。

それでも…絶対、採算の合わない漆塗りと知りつつも…あとワンランク上にステップアップするために、新たに勉強を始めた矢先の事だっただけに、
あ。漆には縁がないんだワタシ…と、思わずにはいられなかったです…。超マイナス思考(笑)

乗っていた電車の乗務員さんからも、最後に車内点検の時に何もなかったと言われましたけど、あきらめきれなくて、1時間ごとにJRに電話して、誰か届け出てませんか〜?と、電話し続けて3時間後の事。

なぜか、終点の駅より手前の駅で見つかりました。乗客が車内から持ち出して、駅員さんに届け出たそうです。親切に持ち出してくれたんだ…と、見つかった事に大感謝!無事に帰ってきてくれれば、とんな経緯でもかまいません!


松土さんが、「そんな仕事をしていると、漆の神様に失礼だ」と、ボソッと言います。。はぁ〜?っと思っていましたけど(すみません(^^;;)本当にいるんですね、漆の神…

漆の神様が、「あなたはもっと漆をまなぶべきです。しっかりやりなさい。馬鹿者」そう言って下さったんですよね。。


今までなんとなく流されてやっていた漆のはずでしたけど、誰にやらされているのではなく、自分で選んで進んだ世界だったのね〜と、確信が持てた出来事でありました。

いつもFacebookから飛んでくる、松下幸之助の格言…
「ピンチとチャンスは裏表」これに、いいね!を連打したい気分でございます(笑)

以前、私の格言?「ピンチはチャンス!」を、「ピンチはピンチ…」と、超マイナスに返してくれた人がいました。
神様の声さえ聞こえれば、「ピンチは大チャンス!」になるんです^ ^




どんな目鼻立ちの子でも、魅力的に、絵になるように心掛けています(^^;;
この子の顔は難しい(笑)








この記事のトラックバックURL

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM