脱走猫テツコが帰ってきました!

  • 2015.10.27 Tuesday
  • 07:13


9月19日に玄関から脱走してしまったテツコが10月21日、約1ヶ月ぶりに帰ってきました。

脱走してから毎晩0時過ぎに、玄関先と、出没しそうな近くの倉庫にフードと水を準備して、ひたすら待ちました。

初期段階では半径300メートル内の捜索も深夜にしていましたが、稲刈り前の田圃は途方もなくて中止。自宅周辺に現れるのを待つことにしました。

セットしたフードは毎朝なくなっているので、テツコが近くにいるのかなと期待していました。それだけが救いだったのですが、倉庫で他のノラさんが食べているのを発見。玄関先のフードも同じノラさんが食べているを見てしまいました。

それを見たときショックでしたけど、うちのテツコもよその猫好きさんに、こうやってエサをもらって生き延びてるかもしれないと思うと、テツコじゃなくてもこの子のお腹を満たしてあげたい気持ちになりました。フードは2匹分以上を置くようにしました。

そのフードの量が一晩でなくなっているところを見ると、一匹以上がここに来ているのがわかりました。時間差で深夜に通っている猫がいるらしいと判明。

その後、倉庫内で昼間テツコの目撃情報があるも、確認が取れないまま季節が変わり、深夜はコートが必要なほど冷え込んできました。

そんなある夜、捕獲できた2日前ですが、いつもの通り倉庫内にフードを持って行き、いつもの通り名前を呼んで見ると、小さな声でニャーと返事が聞こえたんです。続けて呼ぶと4回ほど返事をしてくれました。こんな事は初めてで、姿は見えなくてもテツコに間違いないと確信しました。結局その夜は姿を見せてくれず、たぶん素直に捕まるわけがないので、悔しいけれど諦めました。

物だらけの倉庫内で、用心深い猫が簡単に捕まるわけがないし、捕獲器はケガをすることがあるからやめたほうがいいみたい…いろいろ考えて、自宅を大きな捕獲器と考えて、入ったらドアを閉める作戦を決行することにしました。

声をきいた倉庫とうちの玄関は50メートルも離れていませんし、玄関にフードを食べに来ているのもノラさんとテツコとの目撃情報ありだったので、10月21日の0時に、室内ネコを閉じ込めてドアから脱走できないようにして、玄関先から家の奥までフードをまいて誘導することにしました。最初に現れて家に入ってきたのはノラさんのほう。外で満腹にさせてあげていなくなるのを待ちました。3時50分に再びドアを開けてフードで誘導する作戦再開。影でじっと見張っていると、10分もたたないうちにテツコ登場!この時、脱走してから初めてテツコを見ました。ノラさんぽくなって顔が研ぎ澄まされていたので、一瞬テツコだとは思えなかったです。痩せてはいなかったですが雰囲気が外猫になっていました。

家の中でガツガツとフードを食べてるテツコを見て、生きててくれて良かったと安心して見ていると、私に気が付いてささっと玄関から出て行ってしまいました。追いかけて辺りをライトで照らすと、家の前の畑の中で猫の目が光っていました。再び私が隠れて見張っていると、すぐに家に入ってきてフードを食べる、私に気付く、そして出て行く…そんな事を何回も繰り返しているうちに、玄関から逃げる距離がだんだん短くなってきました。前の畑の中に逃げてたテツコは玄関先のポストの下(手を伸ばせば捕まえられる距離)、それ以上遠くへは逃げなくなりました。

その距離が保てるようになった時に、猫じゃらしのおもちゃにマタタビの粉をつけてテツコ誘ってみると、つられて遊んでくれたんです!マタタビに酔ってか、手を伸ばすと私の手に顔をなすりつけて気持ちよさそうにスリスリしてきました。手がテツコの首に届いた時、一気に掴んで玄関の中に放り込んでドアを閉めました。やっと捕獲!もう朝の5時でした。でも、発見から約一時間で作戦成功!おかえり!テツコ!




この記事のトラックバックURL

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM